CONTACT

    お名前 (必須)
    メールアドレス(必須)
    メッセージ本文

    PROFILE

    JUNJI KATOH

    810-0011
    福岡市中央区高砂1-20-10
    第2小林ビル702 T-BASE
    Mail info@sldv.jp

    1970年生まれ。高校まで京都で過ごし大学入学のため長崎へ。卒業後営業職に就き、写真家を目指して専門学校九州ビジュアルアーツ写真学科入学。福岡市内の写真事務所に勤務後、写真事務所サン・ルゥ・ド・ヴァレンヌ設立。こどもの頃、眠る時にはいつも豹のぬいぐるみを抱いていました。大人になった今、いつもカメラを持ち歩きます。写真のこと、気軽にご相談下さい。

    加藤 淳史

    GGG’15

    銀ギラAg 12th Photo Exhibitionのお知らせです。
    12回目となる写真展、今回の課題は『北九州にゆかりある文学者からイメージする写真』です。
    私はリリー・フランキー氏を選ばせていただきました。
    リリーさんから私がイメージした写真を、バライタ印画紙にて表現しています。
    バライタ印画紙は、保存性が高かく奥行きのあるモノクロ表現ができる印画紙です。
    写真用品店でのフィルム、印画紙、薬品の品揃えの減少、価格の上昇などで制限が出てきましたが、
    バライタ印画紙にプリントした写真は、やっぱりいいと思うのです。
    約一ヶ月の展示になりますので、お時間ありましたら足を運んでみてください。

    15.01.29

    Saint-Loup-de-Varennes|加藤 淳史

    旅立つ日

     母(義母)がこの家から出かける最期の日はとても寒い朝でした。
     冷たく澄んだ空気の中、旅立っていきました。

     遥か遠く西の方角、10京光年も先にある場所だそうです。
     お寺の住職がお参りに来てくださり、教えてくれました。

     『お母さんいってらっしゃい、80年間おつかれさまでした、今までありがとうございました』

     そう言って見送りました。
     
     2014年12月末の出来事で年賀状、喪中のお知らせができなかった失礼をお許しください。
     受け取らせて頂いた皆様からの年始の挨拶は励みとなり、助けていただきました。
     ありがとうございました。

    15.01.09

    Saint-Loup-de-Varennes|加藤 淳史